大阪国際がんセンター認定
がん専門運動指導士
1周年記念セミナー

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
医療の進歩により、がんの5年生存率が60%を超える時代になりました。治療を終えた人と、継続している人とを合わせた、いわゆる「がんサバイバー」は、現在500万人を超え、その数は年々増加していると言われています。このように、「がんと共に生きる時代」が当たり前になってきている現代社会においても、がんサバイバーの多くが、心身の不調や体力の低下により日常に不安を感じながら毎日を過ごしています。
がんとの共生は、もはや家族や病院・医療従事者だけではなく、企業も含めた社会全体として解決すべき課題となってきています。
このセミナーでは、2人に1人ががんに罹患すると言われる日本において、がんを経験する多くの方々の「生活の質(QOL)の向上」に向けて、がんに関する第一線でご活躍されている、各専門領域の有識者を講師としてお招きし、お話いただきます。
がんサバイバーと、そのご家族、医師や運動指導に関わる方など、より良い社会づくりを目指す、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

登壇者

大阪国際がんセンター
総長
松浦 成昭
Nariaki Matsuura
基調講演
途切れのないがん患者支援
  • 「がん」とは
  • 「がん患者」と「がん治療」の現状
  • がん患者の抱える不安や困りごと
  • がん患者における運動の必要性
大阪国際がんセンター
リハビリテーション科部長
田宮 大也
Hironari Tamiya
講演1
がん治療とリハビリテーションの実際
  • 主ながん治療の実際
  • 公的医療保険のリハビリテーションについて
  • QOL低下の要因とその対策
  • がん患者の日常生活における身体活動
一般社団法人がんと働く応援団
代表理事
吉田 ゆり
Yuri Yoshida
講演2
人生100年時代に向けた治療と仕事の両立
  • 活動を始めた経緯
  • がんに罹患するということ
  • がんと働くことの関係について
  • がんと両立支援・就労支援について
株式会社ルネサンス
 取締役常務執行役員
望月 美佐緒 Misao Mochizuki
運動支援センター施設長
沖本 大 Dai Okimoto
講演3
がん患者のQOLを高める運動支援
  • がん治療と体力
  • 生活の質とは
  • 仕事と治療の両立について
  • がんと生きる時代に向けて
大阪国際がんセンター
リハビリテーション科部長
田宮 大也
Hironari Tamiya
講演1
がん治療とリハビリテーションの実際
  • 主ながん治療の実際
  • 公的医療保険のリハビリテーションについて
  • QOL低下の要因とその対策
  • がん患者の日常生活における身体活動
日時 2022年7月10日(日) 10時00分-13時00分
場所 オンライン(Zoomウェビナー)開催
主催 株式会社ルネサンス
後援

地方独立行政法人 大阪府立病院機構
大阪国際がんセンター

定員 500名
参加費 1,100円(税込)
参加費の使い方

運営に関する費用の実費を精算した後、余剰金が出た場合はがん患者支援などの活動を行う公益法人に寄付します。

申込締切 2022年6月30日(木)
  • 下記「申込ボタン」からお申し込みください。
  • アーカイブ配信あり(9月末日までご視聴可能)
主催 株式会社ルネサンス
申し込みは下記のボタンから

法人でご参加を希望の方へ

50名以上でお申込みを希望される場合は、下記までお問合せください。
【問合せ先】
㈱ルネサンス ヘルスケアソリューション部
がんリハビリ事業研究チーム
メール:r-8310@s-renaissance.co.jp
平日 :9時30分~17時30分(土日祝日休み)
※ご返信に2~3営業日ほど、お時間を頂いております。